竹製品のお取扱いについて

竹製品をご検討の際は必ず事前にお読みください。

竹のうちわ、扇子は現在でもほとんどが職人の手によって加工されております。それ故、個体差が生じたり竹本来の模様等が製品に見られる場合がございます。既定の検品、検査は実施しておりますが、すべての商品の品質は厳密に言えば等しくありません。予め気になる点や、独自の検査基準を設けられる場合はそれ相当の予備の製造が必須になりますので必ず、営業担当にお問い合わせください。 
お問い合わせ:

製品取り扱いのご注意

※一例です

  1. 無理な力を加えたり乱暴な扱いをしないでください。破損や怪我の原因になります。

  2. 本来の「扇ぐ」以外の目的でのご使用は避けてください。

  3. 素材の特性上ささくれや割れが生じる場合がありますのでご注意ください。

  4. 色落ち、色移りする恐れがありますのでご注意ください。

  5. シンナーやベンジン等のアルコール系溶剤、漂白剤は使用しないでください。

  6. 長時間直射日光に当てると変色、退色する恐れがあります。

  7. 火気や高温物のそばや、水のかかる場所での使用や保管はしないでください。

  8. カビの原因になりますので、高温多湿な場所を避けて保管してください。

  9. 小さなお子様の手の届かない場所に保管してください。

  10. チャーム等の飾りが付いている場合は、飾りを持って振り回したりしないでください。

  11. 留めゴム(または紙帯)は販売時の部品です。破損してもお取り替えはご容赦ください。

  12. 商品が万一破損した場合は、ご使用をおやめください。