うちわと扇子のはなし

2021/5/19

中綴じノート

中綴じノート

針金で綴じたノート。中綴じとは表紙と中身を開いた状態で重ね、中央部分をホチキス留めのように綴じる最も一般的な製本方法です。すっきりとした見た目に加え、コストパフォーマンスと実用性の高さが特長です。素材を工夫しながらカジュアルで自由度の高いデザインも可能です。カタログやパンフレットによく使われます。抜き型を使って自由な形にくり抜くこともできます。

<サイズ展開>
B5サイズ:ノートですぐに思い浮かぶサイズといえばこれ。仕事に学習に実用性の高い定番サイズです。
A5サイズ:コンパクトで持ち歩きに便利だから思い浮かんだ内容をすぐに書きとめられる。ノベルティや販売商品などに喜ばれるサイズです。
B6サイズ:文庫本と同じ大きさだから旅のお供に最適。ノベルティやPR用品にも人気のコンパクトサイズです。

サイズ
B5(182×257mm)
A5(148×210mm)
B6(128×182mm)
表表紙
コートカード紙210g/㎡(四六判で18㎏)
4色カラー+ニス/0色
裏表紙
コートカード紙210g/㎡(四六判で18㎏)
4色カラー+ニス/0色
本文
上質紙81.4g/㎡(四六判で70kg)両面1色
ページ数
本文16枚(32P)/24枚(48P)/32枚(64P)
加工
中綴じ製本
生産国
日本

  • シェアする
  • シェアする